ストレッチ専門店ストレチックスFC(フランチャイズ)本部代表、「ザ・ヒューマンストーリー」に登場!

ストレッチ専門店ストレチックスFC(フランチャイズ)本部代表の取材記事掲載中「ザ・ヒューマンストーリー」

歩いた軌跡を探るインタビューメディア「ザ・ヒューマンストーリー」。各界で活躍する挑戦者たちの”人生の物語”に迫る。掲載中の主な著名人は、武蔵(格闘家)、田原総一朗(ジャーナリスト)、小椋久美子(バトミントン)、青木愛(シンクロナイズドスイミング)、南部靖之(パソナグループ創業者)など。ストレッチ専門店ストレチックスFC(フランチャイズ)本部代表の山口も取材を受け、記事掲載中。内容は画像をクリック↑

著名人多数登場、その軌跡を語る「ザ・ヒューマンストーリー」

本部代表から「新規事業を志す方へ伝えたいこと」を語っています

ストレッチ専門店ストレチックスFC(フランチャイズ)本部代表の山口が「ザ・ヒューマンストーリー」に取材を受け、その内容が公開されましたのでお知らせいたします。

記事内容はこちら

ザ・ヒューマンストーリー」とは

歩いた軌跡を探るインタビューメディア。各界で活躍する挑戦者たちの”人生の物語”に迫る。掲載中の主な著名人は、武蔵(格闘家)、田原総一朗(ジャーナリスト)、小椋久美子(バトミントン)、青木愛(シンクロナイズドスイミング)、南部靖之(パソナグループ創業者)など。

※ストレッチ専門店ストレチックスは、地域住民のフリータイム利用はもちろん、ストレッチングの有効性を知るドクター、看護師など医療介護従事者の利用も多く「可動域(ROM:ロム)アップ」「コリ疲れ解消」に全力で貢献しています。

▼「ストレッチ専門店ストレチックス」フランチャイズ(FC)チェーン本部: ㈱バリード・ジャパン 代表 山口晃二プロフィール

新潟県新潟市出身。地元広告代理店にて求人情報誌の広告営業、東京の大手商社系コンサル会社にてフランチャイズ(FC)コンサルタントとして勤め、数々のトップセールスを記録。2005年、著書出版を機に独立起業し、フランチャイズ(FC)コンサルティング、起業コンサルティング事業を開始。米国で最も権威のあるフランチャイズ(FC)ビジネス情報誌「Franchise Times」の日本版ライセンス権を取得、(株)フランチャイズタイムズ・ジャパン代表(当時)として、アメリカのパートナー企業と連携しながら、国内海外のフランチャイズ(FC)ビジネス情報の配信・マッチング事業を手掛ける。

国内で多数のフランチャイズ(FC)本部と、フランチャイズ(FC)加盟したい企業・個人とのマッチングビジネスを手掛けるなかで、2008年に介護予防サービス事業である「リハビリデイサービス」チェーン本部構築、加盟店開発の業務を受託。当時2店舗から約4年間で+100店舗への拡大を牽引、担当役員として関与。

2014年8月、「ストレッチ専門店ストレチックス」を自社業態として新規開業。フランチャイズ(FC)チェーン本部として現在7店舗(直営5、FC2)を展開中。

【ストレッチ専門店ストレチックス】フランチャイズ(FC)加盟店を募集、資料請求受付中!

 

 

▼▼【追伸】2020年10月現在、当面続くコロナ禍において、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の確保が大変容易になっています。▼▼

ヒト:フィットネスクラブ等経験者人材の流動性が高まり、今までにないほど人材が集まっています!

モノ:店舗撤退物件の流通量が増えています!大家との条件交渉もしやすい状況です!

カネ:法人ならセーフティーネット貸付等の、ほぼ無利子・第三者保証不要な融資が審査条件低く利用できます!

★サラリーマン副業でも「自己資金の2~4倍程度の創業融資」も可能(要審査)です。>詳しくはこちら

※例えば、自己資金150万程度で500万円の借入ができれば、月々約6万円返済(返済期間7年として)、ストレチックスFCのサテライト店(ベッド2台)タイプで開業&管理業務代行システム(首都県店舗に限る)を利用した場合、月20~30万程度の利益が「運営管理のみ」(現場参加しない)でも得ることが可能です。(モデル収支計画より算出。諸条件によってこの限りではありません)

…この機を、もし「チャンス」とみるなら「ストレッチ専門店ストレチックス」のフランチャイズ加盟を一度ご検討ください。

>>>【ストレッチ専門店ストレチックス】フランチャイズ(FC)加盟店を募集、資料請求受付中!