独立起業・副業・企業成長のためのフランチャイズ(FC)の選び方(2)経営資源を把握する

【法人企業向け】その人気フランチャイズ(FC)募集に応募する前に

経営資源の弱点を強化するためのフランチャイズ(FC)選びとは
独立起業・副業・企業成長の手段として効果的なフランチャイズ(FC)加盟店による新規事業化

自社の経営資源(資金・人材・物件・ノウハウ)のうち、何を強化したいかをふまえてフランチャイズ(FC)を選ぼう!ストレッチ専門店ストレチックスで得られる経営資源は資料で確認、画像をクリック!

この記事では主に「法人で企業経営をしている方が、フランチャイズ(FC)加盟を検討する」際に、お考えいただきたいことをまとめています。

前回は、フランチャイズ(FC)加盟検討の際に最初にやるべきことは「加盟目的の明確化」である、とお伝えしました。見方を変えれば、フランチャイズ(FC)に加盟し独立起業・副業・法人企業が異業種参入することは「事業成功までの苦労や時間を買う」感覚に近く、そのゴールイメージ、つまり「成功する姿」を加盟者が明確に意識できていなければ、いかなる事業も中途半端になってしまうでしょう。

もっと言えば「このフランチャイズ(FC)加盟によって何を得ようとしているか」、つまり企業の利益の源泉となる「ヒト」「モノ」「カネ」「ノウハウ」といった「経営資源」のどの部分を得ようとしているか、それが事業目的達成のためのステップになりえるか、を確認するところから始めるべきだと思います。

「『成功する姿』のイメージはあるが、何から手をつけたらよいか分からない」という段階が、失敗しないフランチャイズ(FC)加盟に具体的に着手するスタート段階です。そこで今回は「経営資源を把握する」ということをお伝えしたいと思います。

ご存知のとおり「ヒト」「モノ」「カネ」「ノウハウ」といった経営資源は、会社の利益を生む源泉となります。経営者はこれら経営資源を「最大化」し「最適配分」することが仕事になります。

「事業目的」とは「成功する姿」のことですが、もっと生々しくいうと「どれだけの経営資源を保有していて、有効に活用しているか」だと思います。実はフランチャイズ(FC)加盟して異業種参入する選択は、目先の売上、利益を獲得するだけでなく「経営資源を効率的に獲得する方法」でもあります。

事業目的に照らして、自社はどの経営資源が足りないかをしっかりと把握し、不足を充足させるために、どのようなフランチャイズ(FC)に取り組むか、ということが、加盟検討の最初の段階となります。それを一つづつ解説いたします。

「ヒト」:人材の数、人材の質に課題を感じている

「誰でも知ってる有名チェーン」と「1店舗しかない店舗」と比べて、就職希望者数の大多数は前者になるでしょう。また多くのフランチャイズ(FC)本部は「人材育成」について力を注いでおり、加盟前の研修はもちろん、その後のスタッフ教育にも、多くの時間とコストを割きます。フランチャイズ(FC)加盟によって得られる教育研修の機能を有効活用するのは、賢い考え方です。

「モノ」:店舗物件などの不動産を増やしていきたい

「フランチャイズ(FC)で店舗ビジネスをどんどん展開していきたい」と考えたら、「物件」についての知識・情報を得る努力をしなければいけません。「業態選び」より「物件選び」を優先することを念頭に取り組んでいる企業もあるほどです。不動産業者やデベロッパーから提供される、レアな物件情報は、通常、完全にゼロから独立をした個人店の手元に届く前に、取引先として安心なチェーン店に流通します。独立の際にまだ誰の手にも渡っていない優良物件情報を得るには、フランチャイズ(FC)加盟は最良な手段なのです。

「カネ」:売上、利益、現金を増やしていきたい

独立してビジネスを興す際には儲けなければなりません。独立したときに売上を増やすのは、高いブランド力・業態力・商品力で新規顧客を獲得し、高い接客力でリピートさせていくことの積み重ねです。独立しても利益を増やすには、管理可能な経費の大部分である「原価率」「人件費率」を低減させる仕組みが必要です。売上、利益を最大化する努力の結果、現金を増やしていくことができます。また、資金調達についても、個人店としてよりは、すでに実績のあるフランチャイズ(FC)に加盟して独立するほうが有利です。借入のリスク<事業のリターン、の式が成り立つと確信できるフランチャイズ(FC)の加盟なら、躊躇無く借入をして、ビジネスに投資していくことができます。

「ノウハウ」:店舗運営ノウハウ、ビジネスノウハウを得たい

「経験」は大きな財産です。経験がない状態で独立しようとすると、常に考えたり、試行錯誤を繰り返す、無駄な時間が発生します。しかし、経験をカバーするために、すでに成功を収めた経験者、すなわち本部から独立するための「ノウハウを買う」ことができます。「落ちなくてもよい落とし穴」にわざわざ落ちるようなことをせず、経験者の方法に習い、店舗運営をすることは賢い選択です。また、将来、ゼロから独立してフランチャイズ(FC)本部展開を目指す方も「加盟店としての独立経験」なくして、フランチャイズ(FC)展開は苦難を強いられるでしょう。実は多くの本部が「フランチャイズ(FC)加盟店としての開業経験がある」という事実を頭に入れておくべきです。

このような経営資源を獲得する上で、どのフランチャイズ(FC)が自社の不足を充足させられるか?という点からも加盟を検討していきましょう。加えて、加盟して独立することで「信用」という財産も手に入れることができます。

「信用」:ブランド力が欲しい、パートナーや人脈を増やしたい

中小企業と大企業。その大きな違いは「信用力」にある、と言われます。誰でも知っている、株式上場などでパブリックな会社になっているなどの「信用力」は、新規取引先を増やし、新規採用を増やし、資金調達もできる。その結果、業績を加速成長させています。
大手企業に負けない商品力、人材力を持っていても「信用力」が不足するがために、伸び悩んでいる中小企業に対し、チェーンブランドという「信用」を得ることができるフランチャイズでの独立・起業をお勧めするのは、ここに大きな利点があるからです。

こだわりを持って一からブランドを立ち上げて、市場から信用を得るまでの「ビジネス導入期」の苦労は並大抵ではありません。反面、「すでにある信用力」をフランチャイズ(FC)加盟によって得ることで、導入期を難なくクリアーしていった上で、新しいチャレンジをしていくのとどちらが賢い選択でしょうか。

さらに、独立する際にブランド力があれば、ビジネスパートナーという人脈構築が容易に行えます。言うまでも無く、人脈は大きな財産です。最大のビジネスパートナーとなるFC(フランチャイズ)本部を選び、信用あるブランドを得れば、中小企業経営の大きな飛躍のチャンスになることは間違いありません。

中小企業の「やる気」と「能力」を合理的に発揮できる仕組みがフランチャイズ(FC)システムなのです。

 

▼「ストレッチ専門店ストレチックス」フランチャイズ(FC)チェーン本部: ㈱バリード・ジャパン 代表 山口晃二プロフィール

新潟県新潟市出身。地元広告代理店にて求人情報誌の広告営業、東京の大手商社系コンサル会社にてフランチャイズ(FC)コンサルタントとして勤め、数々のトップセールスを記録。2005年、著書出版を機に独立起業し、フランチャイズ(FC)コンサルティング、起業コンサルティング事業を開始。米国で最も権威のあるフランチャイズ(FC)ビジネス情報誌「Franchise Times」の日本版ライセンス権を取得、(株)フランチャイズタイムズ・ジャパン代表(当時)として、アメリカのパートナー企業と連携しながら、国内海外のフランチャイズ(FC)ビジネス情報の配信・マッチング事業を手掛ける。

国内で多数のフランチャイズ(FC)本部と、フランチャイズ(FC)加盟したい企業・個人とのマッチングビジネスを手掛けるなかで、2008年に介護予防サービス事業である「リハビリデイサービス」チェーン本部構築、加盟店開発の業務を受託。当時2店舗から約4年間で+100店舗への拡大を牽引、担当役員として関与。

2014年8月、「ストレッチ専門店ストレチックス」を自社業態として新規開業。フランチャイズ(FC)チェーン本部として現在7店舗(直営5、FC2)を展開中。地域住民のフリータイム利用はもちろん、ストレッチングの有効性を知るドクター、看護師など医療介護従事者の利用も多く「可動域(ROM:ロム)アップ」「コリ疲れ解消」に全力で貢献しています。

【ストレッチ専門店ストレチックス】フランチャイズ(FC)加盟店を募集、資料請求受付中!

 

▼▼【追伸】2020年10月現在、当面続くコロナ禍において、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の確保が大変容易になっています。▼▼

ヒト:フィットネスクラブ等経験者人材の流動性が高まり、今までにないほど人材が集まっています!

モノ:店舗撤退物件の流通量が増えています!大家との条件交渉もしやすい状況です!

カネ:法人ならセーフティーネット貸付等の、ほぼ無利子・第三者保証不要な融資が審査条件低く利用できます!

★サラリーマン副業でも「自己資金の2~4倍程度の創業融資」も可能(要審査)です。>詳しくはこちら

※例えば、自己資金150万程度で500万円の借入ができれば、月々約6万円返済(返済期間7年として)、ストレチックスFCのサテライト店(ベッド2台)タイプで開業&管理業務代行システム(首都県店舗に限る)を利用した場合、月20~30万程度の利益が「運営管理のみ」(現場参加しない)でも得ることが可能です。(モデル収支計画より算出。諸条件によってこの限りではありません)

…この機を、もし「チャンス」とみるなら「ストレッチ専門店ストレチックス」のフランチャイズ加盟を一度ご検討ください。

>>>【ストレッチ専門店ストレチックス】フランチャイズ(FC)加盟店を募集、資料請求受付中!